TOP  >  業務内容  >  建設コンサルタント部門  >  土質試験  >  土質試験
建設コンサルタント部門
地盤調査事業部

土質試験

 

■試料採取

試料は試験方法により適切に採取

スウェーデン式サウンディング試験

土質試験を行う土を現場にて採取します。一つの試験項目に対して土のう1袋が目安です。

例えば、CBR試験であれば切土部で計画高より1.0m程度まで削孔し、下部50cmのものを土質試料とします。

■土の粒度試験  JIS A 1204

土の種類を見分け、判定する方法です。

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
土質試料をふるい分けし、粒度別の重量%を求め、地盤材料の工学的分類方法により対象の土の判別を行う試験です。土の種類は砂質土・粘性土 等の判定ができます。これにより、盛土・切土 等における斜面のこう配等が判定できます。最近は、耐震設計の観点から、液状化の検討の必要性が高まっており、簡易液状化判定をする際の必要事項となります。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。
(平成20年3月現在の適用基準のため、実施の際には必ずご確認下さい)

■土の三軸圧縮試験  JGS 0520〜0524

対象の粘着力c、内部摩擦角φを求める試験です。

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
特に土の構造物(補強土擁壁等)の盛土材の適否を行う目的で行われる事が多く、その場合の多くがCD法により行われます。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。
(平成20年3月現在の適用基準のため、実施の際には必ずご確認下さい)

■土の含水比試験  JIS A 1203

土の含水量を測定する試験

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
自然含水比を求め、締固の試験より求める最適含水比と比較、盛土施工時の参考にできます。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。

■突固めによる土の締固め試験 JIS A 1210

盛土の締固め管理を行うのに必要な試験

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
締固め試験によって、最適含水比、最大乾燥密度を求められます。これが現場密度試験の基準になります。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。

■砂置換法による土の密度試験 JIS A 1214

現場密度試験

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
盛土の締固めが適正に行われているか、確認するために現場で試料を採取し、乾燥密度を測定することで所定の基準を満たしているかの確認を行います。
●道路土工
■路体盛土・・・最大乾燥密度の85%以上
頻度:1000m3に1回、但し、5000m3未満の工事は1工事当たり3回以上。
●砂防土工・河川海岸土工
■盛土・・・最大乾燥密度の85%以上
頻度:1000m3に1回、または堤体延長20mあたり3回の割合の内、測定頻度の高い方で実施
(平成20年3月現在の適用基準のため、実施の際には必ずご確認下さい)

■室内CBR試験  JIS A 1211

設計CBR試験/修正CBR試験

スウェーデン式サウンディング試験
●設計CBR試験
路床盛土として使用する盛土材に対して必須となる土質試験であり、設計CBRが求められます。
●修正CBR試験
修正CBRは路盤材料の品質基準を示すもので、例えば一般道路では上層路盤で80%以上、下層路盤で20%以上の品質 が求められています。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。

■現場CBR試験  JIS A 1222

現場でCBRを確認する試験

スウェーデン式サウンディング試験
●用 途
現場CBR試験は、路床構築後に現場にてCBRの確認を行う試験です。
(但し、近年はあまり行われなくなっています。)
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。

■ph試験/土壌硬度試験

法面の緑化方法の検討及び材料の選定に用いる。

スウェーデン式サウンディング試験
●ph試験
緑化を行う植物の種類に関係する土壌のph(酸性度)を計測する試験です。法面緑化の方法を決定する基礎資料を得る事ができます。
●土壌硬度試験
植物の根の伸長に関係する土壌の硬度を計測する試験です。法面緑化の方法を決定する基礎資料を得る事ができます。

■ロックシュミットハンマー

岩盤の強度の簡易測定

スウェーデン式サウンディング試験

岩盤の強度を簡易に測定する試験です。
現地の状況と測定値を基に岩盤の強度を推定します。

■土粒子の密度試験(JIS A 1202)/土の液性限界・塑性限界試験(JIS A 1205)

盛土材としての適否を確認する試験

スウェーデン式サウンディング試験
●土粒子の密度試験/土の液性限界/塑性限界試験
土の物理的性質を求める試験で、主に、盛土材としての適否を判別するのに用います。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。
(平成20年3月現在の適用基準のため、実施の際には必ずご確認下さい)

■土の透水試験(JIS A 1218)

盛土材としての適否を確認する試験

スウェーデン式サウンディング試験
●土の透水試験
土の力学的性質を求める試験であり築堤材料の盛土材としての適否を判別するのに用います。
●基 準
当初及び土質の変化した時に行う。
(平成20年3月現在の適用基準のため、実施の際には必ずご確認下さい)
株式会社 昭和測量設計事務所
株式会社昭和測量設計事務所© 2008    メンバーログイン